1.設立の趣旨

近年、若い世代、特に子どもを中心に、ファーストフードや洋食を

食べる方々が増え、こうした日本食を食べる機会が減少しています。

 

また、年々増加傾向にある単身で生活する方々は傍に頼る家族等が

いないため、自分たちで食事を用意しなくてはなりません。

 

食事はコンビニエンスストアやスーパー等で購入することもできます

が、どうしても栄養が偏ってしまい、更に、食費も自炊と比べて高く

ついてしまいます。

 

偏った栄養の摂取は肥満や生活習慣病の引き金となるため、健康に気を

配った食生活は、特に若い世代において非常に重要となります。

上記のような問題を解決するためには、若い世代をはじめとした様々な

方々に、健康な食生活のための知識・技術を知ってもらうと共に、健康

な食生活を送ることの重要性を啓発していく必要があると考えます。

 

そこで、私たちは、広く一般市民に対して、健康な食生活の啓発並びに

推進に関する事業を行います。それによって、健全な食生活の大切さを

知っていただくと共に、料理をすることの楽しさと自炊のための料理の

技術・知識を身につけていただきます。

 

更に、社会教育並びに生涯学習の推進を目的とした講習会の企画・運営

に関する事業を行うことで、食生活のみならず、社会教育や生涯学習に

ついても積極的に啓発・推進してまいります。

 

他方、近年、我が国では、育児放棄や児童虐待といった事件が、特に

大都市において多発しており、社会問題となっています。

 

その理由の一つとして、核家族の増加に伴い、周囲に相談できる育児

経験者がいなくなってしまったため、どうやって子どもを育てていいの

か分からない親が増加していることが挙げられます。

 

また、育児に追われるために地域との交流ができず、家にこもりきりで

ストレスがたまってしまう親も増えてきており、そのストレスが原因で

うつ病やノイローゼとなってしまうケースも多々あります。

 

このような問題を解決するためには、親の子育てを積極的に支援し、

子育てに関する悩みの解決を行っていく必要があると考えます。

 

そこで、広く一般市民、特に子育てを行う親に対して、出産・育児につ

いての相談及び支援に関する事業及びカウンセリング事業を行います。

 

それによって、多くの親が抱えている子育てに関する悩みを共有すると

ともに、その解決のための情報提供・支援をしていきます。

 

開設にあたっては、契約締結の面など事業の遂行上法人格が必要とな

り、積極的に情報公開を行うことで社会的信用を高めていくことが

できる特定非営利活動法人が最適と考え、

特定非営利活動法人M’s Kitchen設立することにしました。

 

当法人は、広く一般市民に対して、健康な食生活の啓発並びに推進に

関する事業、出産・育児についての相談及び支援に関する事業、

カウンセリング事業、社会教育並びに生涯学習の推進を目的とした

講習会の企画・運営に関する事業を行い、健康の増進・社会教育の

推進と地域社会の活性化を図り、もって広く公益に寄与することを

目的とし、社会に貢献していきたいと考えております。